広く浅くで大惨事

ジャニーズとお笑いと特撮とプロレスの4ジャンルを兼任していたらこんなことになりました

アメリカで加藤シゲアキに救われた話

これは加藤シゲアキを通じて交流したあるアメリカ人に、二年ごしに会いに行った話である。

2015年の夏、私は一年間アメリカに留学していた。

その時に大学からランゲージパートナーという制度があると教えられた。日本語を学びたい現地大学生と英語を学びたい日本人留学生をマッチングするというものである。

私は以前ドイツに住んでいたので、海外のコミュニティでオタ活することの難しさを痛感していた。当時日本人の友達に「しずるがキングオブコントの決勝に行ったの!」と話したところ、「しずるって誰?」と怪訝な顔をされたのを覚えていたからだ。

なので今回はオタトークができる友達が何がなんでもほしいと思っていた。そこで私は恥をかき捨てて「日本の芸能界、特にお笑いとジャニーズが好きです」と書いた。

アメリカの大学に到着したあと、私は大学がマッチングしてくれたアメリカ人学生と初めて会った。話してみるとなんと6人時代のNEWSが好きだったらしく、最近は昔ほど追いかけていないが加藤シゲアキが好きだと言った。私はしめたと思った。不思議とNEWS担と多く相互フォロワーになっており、また少プレを毎週見ていたためある程度の知識をすでに持っていたからだ。

またこの時にはピンクとグレーが中島裕翔主演で映画化されると明らかになっており、予習の原作本を読んでいたので、加藤さんは私の中ではある意味NEWSの推しメンになっていた。

そこで私は週に一度彼女に会うたび、YouTubeで加藤さんにまつわる動画を探しては一緒に見るようになった。本当は公式の動画を見たかったけれど、インターネット上のアップロードが禁止されている状態で海外から見れるわけなかった。

ある時は歌番組の動画だったし、またある時はドラマ化された「傘を持たない蟻たちは」だった。彼女はすでに日本語をかなり話せていたので、本人の発言はだいたい理解していたと思う。

もちろん私が補足しても説明できないような場面は時々あったものの、「シゲかっこいいー」が合言葉だった私たちには何の問題もなかった。

顔の良さは国境を越えた。

特にカウコンを一緒に見たときはNEWSについてだけでなく、いろんなグループについての昔の情報を教えてもらった驚いたものだ。私たちがいたのは確かにアメリカの片田舎だったけれど、その時だけ東京ドームに一緒に立っていた気がした。

いつしか2人で過ごすおしゃべりの時間はかけがえのものになっていた。

授業は全然かぶらなかったし、彼女も実家から通ってきていたのでずっと一緒にいた訳ではなかったが、ジャニーズについて二人でバカみたいに喋ってる時間は留学中の面倒ことをすべて忘れられた。

けれどもそんな時間はあっという間に終わりを迎える。

私は最後に、彼女に「傘を持たない蟻たちは」の単行本をプレゼントした。親に頼んで航空便で送ってもらった。少しでも荷物を軽くしたかったので、単行本にしてもらった気がする。

彼女はさすがに一人で読むのは難しいと言っていたので、私が代わりに音読したのを覚えている。それが最後の思い出だった。

 

それから2年過ぎた。彼女は珍しくSNSをやっていないタイプのアメリカ人だったし、私が壊滅的にまめでないことが祟っていつしか連絡を取ることもなくなってしまった。

しかしそんな私に転機が訪れる。卒業旅行で留学先に行くことにしたのだ。

いついつにアメリカに行くという内容をSNSに載せていろんな友達と会うことになったのだが、肝心の彼女だけは唯一知っていたGメールのアドレスに連絡をしても返事が来なかった。

もうあきらめた方がよいのかもしれない。そう思いかけたが、あの楽しかった日々を思い出して、これで最後と出発の前日に再度メールした。

すると奇跡的に返事が返ってきた。本当に奇跡だった。

しかしそこで私は現実に帰った。

せっかく彼女に会うならNEVERLANDのDVDを買うべきだった!!!!!

あの素晴らしいライブの映像を彼女に見せてあげる絶好のチャンスだったのにすっかり忘れていた。

しかしもう出発の前日。CDショップがある大きな町に行く時間はない。どうする私。

焦った私は急いで地元の本屋に駆け込んだ。

 

それからしばらくして、私はアメリカの地にいた。

待ち合わせ場所にいた彼女は全然変わってなかった。またこんな日が来るとは思ってなかった。

私は思いっきりハグをして、おみやげを渡した。

私が本屋で選んだのはNEWSが表紙のQLAPだった。

今思えば加藤さんのほかの小説をあげるという手もあったかもしれない。

だが私はもう二度と彼女のそばで加藤さんの文章を音読することはできない。

ならばより平易な文章で、かつ本人の思いがわかる音楽雑誌をあげたほうが良いと思ったのだ。

彼女は喜んでくれた。最高だった。

それから私はこの2年に起きたジャニーズの出来事を説明しまくった。

事務所から新しいグループがデビューすること、加藤さんがまた本を出したこと、NEWSはこんど宇宙旅行をテーマにしたCDを出すこと、ジャニーズJr.がYouTubeチャンネルを始めること。

彼女が一番驚いていたのは「NEWSに恋して」がリリースされることだった。

なぜならそれは海外からでもNEWSの声や画像に触れられるということを意味していたからだ。

これまでジャニーズはインターネット上に顔写真を載せることを禁止していたので、海外からジャニーズを見るとなるとどうしても違法動画に頼らざるを得なかった。違法動画はSNSを中心に拡散される。それはSNSをしていない彼女にはとてもハードルの高いものだった。そもそも違法だし。

しかしソシャゲとなると話が変わる。もう違法動画をこそこそ見なくてもNEWSの顔や声が、海外からも見れる、聴ける。ストーリーも日本人と同じペースで進められる。

NEWSに恋しては、日本のファンと海外のファンが初めて同じペースでオタク活動をできるツールなのだ。

これから一緒にプレイできるのが待ち遠しいね。私たちはそう言って別れた。

 

そして今日、私は早速アプリをダウンロードした。すでに彼女にもホームページのURLを送りつけてある。

私たちはこれからフレンド登録をして、お互いにわいわい話しながらゲームを進めていくことになるだろう。

加藤シゲアキとNEWSのおかげで出会った私たちは、加藤シゲアキがインターネットに頼らない小説というものを生み出してくれたおかげでより仲を深められたし、ソシャゲという海外からでもアクセスできるツールを解禁してくれるようになったおかげで、遠く離れていても交流を続けられている。

アナログとデジタル両方に精通する体制をとってくれた加藤シゲアキさんとNEWSとNEWSの運営の方、本当にありがとう。

そうお礼をしたくなって、私は最新のアルバムを購入した。

いつか、いつかまた私が彼女に会えるなら、その時は一緒にNEWSのコンサート行きたい。そう思った。

 

#春松竹 のコントには元ネタがある

春松竹のコントパートに元ネタがあることに気づいたので書きます。

コントが始まってから、舞台下手に石像があったことに気づきました。

あれは法善寺横丁にある水掛不動尊だと思います。

http://houzenji.jp/enkaku.html

お参りをするときに柄杓で水をかけるのでそう呼ばれています。

あのぜんざい屋が水掛不動尊のすぐ側にあるということから、元ネタは「夫婦善哉」であると導き出しました。

https://sato-res.com/sp/store/0662116455/

織田作之助の小説の舞台にもなっている、いまでも実在する店です。

夫婦円満を願って一杯のぜんざいを二杯に分けて出すことで有名です。

ジャニーズで夫婦仲についてやるわけにはいかないので、これを兄弟の話に置き換えたのではないでしょうか。

にしても特に話に絡んでくる訳でもない不動尊をわざわざ作った松竹はすごい。ここまで書いててビリケンさんだった可能性もあるのですが(笑)

もしよければ聖地巡礼に行ってみてはいかがでしょうか。 

 取り急ぎ速報でした。

ジャニヲタが関西企業に就活してみた

私は関西の企業に絞って就活したのですが、参考書やまとめサイトに載っている「東京の大手」対策とはまた違ったクセがあるなと感じました。

案外そういうクセの強い関西企業向けの就活記事ってないなと思ったので、去年就活してみて感じたこと、今年関西企業に就職したい人向けのアドバイスを備忘録がてら書いてみます。あくまでもプラスアルファ要素として書くので就活の基礎についてはキャリアセンターとかに聞いてね!

 

先に言っておきます。便乗商法です。

takoyakitabetai.hatenablog.com

 

 

当方スペック:ゴリゴリの大阪人。四年制大学の国際学部でレベルは関関同立や府大市大あたり。一応帰国子女&派遣留学経験あり。

 

①関西に本社を置く伝統的な企業=古風と心得よ

まず理解しておいてほしいのはこれ!!!!!

関西に本社がある会社は伝統のある会社が多いです。つまり今やってるビジネスが革新的なものであっても社風は昔かたぎのところが多い。

私はその人情的なところが肌に合うなと思ったのと、どポンコツなので長い目で育ててくれるところじゃないとやっていけないと思ったので関西企業に絞って就活をしました。

あと就活したなかで一番コッテコテの社風だった某ダイキンの面接で「なんで関西の会社ばっかり受けてるん?」ってゴリゴリの関西人のおっちゃん面接官に聞かれたときに「私っていかにも関西人って感じなので東京の会社で受け入れられる自信がなくて」と言ったら「あー!ほんまやな!君は関西の会社に向いてるわ!」って言われたので、この会社に言われてるなら間違いないな!!!と思ったからです。

会社の人と飲みに行くのなんてやってられねー!割り切って実力主義で仕事したい!という人はこのゾーンをメインターゲットにしちゃうとしんどいです。

あとこのゾーンの会社は若い人を取り入れるために企業ブランドをイメチェンしていることがあので、親御さんにその会社の印象を聞いてみると自分が思っているのとはまったく違った会社像が浮かんでくることがあります。これ関西の企業受けるなら重要!

 

②今のうちに切手・透明なクリアファイル・大型封筒をストックしておこう

関西に本社を置く会社は伝統的=就活のスタイルも古風なところがある!

というわけでいまだに履歴書を手書きで記入し、郵送することを求める会社があります。いざ履歴書を出すときに上記のセットがなかったら本当に焦るので今のうちにストックしておきましょう。特に大型封筒はコンビニにないことがあるので注意。

あと郵送するときは送り状をつけないといけないのだがその辺はググってくれ。

 

③関西企業の就活は短期決戦!

テニミュではない。

一般的には6/1に面接解禁とか言ってますけどこの関西帝国では通用せんよ!

私が受けた会社はだいたい3月頭に会社説明会、2.3週目にES締め切り、月末にGD、5月末に最終面接でした。

解禁してからは休む暇がないと思ってください。逆に東京の大手狙いの方は5月は暇です。

 

④自分がJr.だったらどのラインにいるか見極めて会社を選ぼう

上記ブログのmoeさんは「大手は捨てろ」とおっしゃっていました。

関西で下手にそれをやると今度は技術力の高い中小企業ばかり狙いたくなる病が発症するんですが、中小は募集人数が少ないので結局大手と倍率がそんなに変わらないという落とし穴にハマります。

なので就活の序盤で自分がどの立ち位置にいるか判断し、自分をとってくれそうなラインを見極めて就活することが大事です。

私は

京大・阪大レベルには達していない→Jr.でいうところのTOPやメインには行けない

帰国子女とはいえ海外在住歴2年なのでネイティブではない。とはいえ派遣留学に行っていたのはプラスになるはず(関西人は英語できる人に弱い気がする)

ということを勘案して関ジュでいうところの2・3列目ポジション、関東でいうところのLove-tuneラインと判断して就活しました。強気すぎて浪人するところだったけど……。

もうぶっちゃけちゃうと、内定先以外で感触がよかったところはダイキン村田製作所東洋紡帝人NTNを始めとするベアリング製造会社などです。

逆にパナソニックはまあ箸にも棒にも掛からぬ!って感じだったよね!あれは体育会系かばりばり帰国子女とかじゃないと無理だね!

 

⑤一般職に気をつけろ

関西の女子就活生の中には「関西から出たくない!ぜったいに転勤嫌!」という人が割と多くてびっくりしたのですが、四年制大学の女子がうかつに関西企業の一般職を受けるのは危険です。

なぜなら関西企業の一般職は女子大の中で推薦が出た人にしか案内が来ないことがあるからです。

この危険性には総合職にも通じます。なぜなら関西の企業は東京の大手よりもコネとか大学のクラブでのつながりでの就職が通りやすいから……。

ジャニーズに例えるなら、事務所のスペオキと対等に戦う術を考えないといけないのです。私の場合は海外経験でした。

 

志望企業を自担と思いこめ

もちろんしっかりとした志望動機や企業分析がないと受からないのですが、それに加えて関西企業は熱意に弱いと思います。

なので私は第一志望の会社を自担と思い込むようにし、会社説明会では最前死守、終わったあとの質問コーナーでは芸能リポーターのように適格な質問を心掛け、説明会が終わったあとは出待ちのように人事を捕まえて独自情報を聞き出す、ということをしていました。

ただしこれをしたからといえど落ちるときはあっさり落ちるのでメンタルを強く持つことが大事ですし一社に絞りすぎないように兼ヲタの心意気でいてください。

 

梅田・中之島エリアに気をつけろ

オタクやってると梅田地下街のやばさはわかっていただけると思うのですが、慣れるまでは本当に大変なので時間に余裕をもって行動してください。

特に梅田エリアではスカイビル、ブリーゼブリーゼ、リッツカールトン (VIPライナーの乗車地)

中之島エリアではフェスティバルタワーに注意してください。

フェスティバルタワーは梅田から歩くにしても京阪の中之島線に乗るとしても時間が意外とかかります。

あといろんな企業が集中しすぎてエレベーター待ちの列が長い!!!

加えてジャニヲタとなるとどうしてもコンサート会場へのアクセスを考えてしまうと思うのですが、私の実感としてはやはり梅田もしくはなんばが良いと思いました。城ホも京セラドームもJRと地下鉄が通っているので、JRと地下鉄が通ってる立地が良いと思います。

あえて穴場をあげるなら、関西テレビのある扇町は現場へのアクセスが良いし(JR環状線堺筋線が通っています)、飲み屋街があるので、あのあたりにある優良中小企業を探してみるのも面白いかもしれません。

 

というわけで関西企業向け就活論でした。あくまでも参考までに。

私は第一志望の会社に内定をもらえたのでみんなよりも就活が楽だったと思うのですが、それでも二度とやりたくないと思っています。関西企業への就活はそれくらい濃いです!

短期決戦の関西企業への就活を悔いなく終えられるようにお祈りしております!

推しの夢が叶うとき:御茶ノ水男子しいはしジャスタウェイが「仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL」に出るまで

 

数年前、ライブで将来の夢を聞かれた私の推しはこう答えました。「特撮に出たい」と。

これはそんな夢が叶うまでのお話です。

 

という訳で今年も#おたく楽しいに参加させて頂きます!

adventar.org

去年とネタ一緒じゃないかと思われるかもしれませんが、あの記事を書いてからの活躍ぶりがあまりにも怒涛だったのでご報告させてください!

 

御茶ノ水男子しいはしジャスタウェイとは

御茶ノ水男子については去年の#おたく楽しいで紹介記事を書きました。

 

nanayanyade.hatenablog.com

 

長いのでしいはしジャスタウェイ氏は吉本のお笑い芸人、御茶ノ水男子の色白の方、元JACスーツアクター、ガチの特撮ヲタということだけ覚えて頂けると嬉しいです。

 

 

しいはしさんは毎回Twitterでニチアサのリアタイ実況をしているので、録画組の私は毎回推しのツイートでネタバレをくらいます。推しとジャンルが被っているがゆえの弊害。

 

さて、しいはしさんが特撮芸人として主に活動している場は二つあります。

まず一つ目は吉本ヒーロータイム

このライブでは吉本の特撮芸人が特撮作品に出演したことのある俳優さんをお一人お招きしてトークをし、その俳優さんが出演した作品にまつわるネタをユニットメンバーが披露します。

このライブ、お好きな作品のキャストさんがゲストに出る際には何がなんでもチケットを取ってほしいです!!!!!!!

チケット代2000円で90分間その特撮作品にまつわるエピソードをじっくり聴けますし、その作品にまつわるネタやコーナーもめちゃくちゃ面白いです。あまりにもコスパが良すぎて私たちが払ったチケット代がきちんと演者に支払われているのか心配になってしまうほど。

今年の夏に行われたライブでは仮面ライダーゴーストで主役を務めた西銘駿さんがジェスチャーゲームで御成のマネをするという珍事が発生してお腹が痛かったです。

(しかもこの時、西銘さんのサイン入り色紙が当たるというミラクルが起きました。部屋に飾ってます)

 

二つ目がアメトーーク仮面ライダー大好き芸人やスーパー戦隊大好き芸人には毎回必ず出演。特撮ファンにとってかゆいところに手が届くような、的確な情報を毎回話してくれるので推しがガチオタであることに感謝せざるを得ません。

特撮作品を放送しているテレビ朝日の大人気番組であるアメトーークに出演した影響はかなり大きく、これが今年の快進撃に繋がっていくことになります。

 

テレビ朝日六本木ヒルズ夏祭り SUMMER SUTATION」で「夏映画スペシャルイベント トークショー&主題歌ライブ」のMCに抜擢

テレビ朝日は夏に「テレビ朝日六本木ヒルズ夏祭り SUMMER SUTATION」というイベントを行っています。

実はスーパー戦隊仮面ライダーは毎年夏に合同で映画を作っており、その告知のため出演者が日替わりでトークショーを行っていました。

しいはしさんはそのトークショーにて「仮面ライダーエグゼイド」パートのMCに抜擢されたのです。

普段のお笑いライブで御茶ノ水男子がMCを務めることはあまりありません。ましてや超のつく人見知り。それなのにいきなり、大好きな仮面ライダーのキャストさんを相手に9回もMCをすることになったのです。

私は仮面ライダーエグゼイドも大好きなのでこれは何としても見に行かなければと思い、しいはしさんが初めてMCをする回に大阪からテレビ朝日まで遠征をしました。

前日*1の時点ではキャストが登場する際に名前を叫んでもよさそうだったので、「これは推しを布教するチャンスだ」と思った私は、ライブが始まってしいはしさんが自己紹介をするとすぐに超満員の客席から「ジャスタウェーイ!!!」とコールをしてみました。

すると他のお客さんからも「ジャスタウェイ」コールが。お、推しが認知された……!

いざライブが始まると、こちらの心配なんてまったく必要なく、エグゼイドのガチオタであることを活かして次々とファンが喜ぶトークを引き出していました。

地方の民である私はこの初回しか見に行くことができず、その後はエグゼイドファンの方が投下してくださったレポを読み漁る日々だったのですが、レポにしいはしジャスタウェイと書いてもらえるようになったり、キャスト*2の方がお客さんと\しいはしー?/\ジャスタウェイ/というコール&レスポンスをして下さるようになったりして毎日楽しくてしょうがなかったです。

あとトークショー終わりに流れるキュータマダンシング*3仮面ライダーのキャストに踊らせたしいはしさん、信頼できるオタクって感じでしたし、あの功績は大きいと思います(誰目線)。

 

 

 若手俳優のファンイベントでチェキを撮るオタクかよ

推し推しと共演するなんてLife is Beautifl*4と思った夏でした。

 

「土曜あるある晩餐会」に出演

もうすでに終了した番組なのですが、上記の夏映画の告知を兼ねての出演でした。

芸人側からはしいはしさん、塚地さん、篠宮さんが出演と構成はほぼアメトーークと同じなのですがこの番組がすごかったのは芸人さんに加え、歴代の仮面ライダーで主演を務めた俳優が6人も集結していたこと。しいはしさん、ここで仮面ライダー1号である藤岡弘、さんとの共演を実現させてしまいます。

twitter.com

 ジャニーズに例えるなら青木源太アナがジャニーさんにお会いするようなものだと思ってください。

あまりにも豪華すぎる面々に対し、しいはしさんは当時の現役&一つ前の主役ライダーだった飯島寛騎さん西銘駿さんと一緒にビビっていたそうです。この三人の組み合わせは本当にかわいすぎる。

twitter.com

 

もう公開期間が終了して見れないのですが、この当時飯島くんがエグゼイドのホームページ内でやっていた動画ブログにしいはしさんがゲスト出演するという一幕もありました。このころになるとすっかり打ち解けた様子が見れて幸せでした。

 

仮面ライダーエグゼイドファイナルステージ 千秋楽の司会に抜擢

9月末、仮面ライダーエグゼイドは大変な人気のなか、惜しまれつつも幕を閉じました。テレビ放送が終了すると今度はキャストが三都市を回ってヒーローショーとトークショーを行います。宝塚のサヨナラ公演や相撲の巡業と言えば良いでしょうか。大阪と福岡を回り、いよいよ最後の東京公演。

これまでの公演には麿さんという、女性の司会者がついていたのですが、前楽にオジンオズボーンの篠宮さんが追加されたと知ったときは、珍しく嫉妬をしてしまいました。

こんなときにしいはしさんは何をやってるんだと確認したら、沼津でのバスツアーが組まれていました。さすがにスケジュール考えろよ吉本!!!!!

でもこれも杞憂だったのです。auビデオパスでの生中継が行われ、全国のライダーファンが見守る中始まった千秋楽のトークショー。ステージに現れたのはしいはしさんでした。

パソコンの画面ごしに見たしいはしさんはガチガチに緊張していました。でもそんなしいはしさんを見た客席からは

ジャスタウェイ!!!」

と声があがったのです。

Twitterを見ると「千秋楽の司会しいはしさんなの?うれしい!」「仮面ライダー愛ある人だから安心できる」なんてつぶやきが一斉に投稿されていました。

結局しいはしさんの緊張が解けることはありませんでしたが、エグゼイドを見届けたしいはしさんだからこそ出てくるエピソードや、夏で築き上げたエグゼイドメンバーとの関係性を活かした司会ぶりで、まさに仮面ライダーエグゼイドの集大成にふさわしい、感慨深いライブになっていました。兼ヲタの私は当然ボロボロに泣いた!

twitter.com

仮面ライダーエグゼイドという最高に面白くて大好きな作品に、大好きなしいはしさんが関わって、しかもそれがキャストのみなさんやファンのみなさんからも受け入れられるだなんて、私にとってはこの上ない最高の景色でした。

しいはしさんをきっかけとして仮面ライダーにはまった身としては、こんな素敵な景色を見せてくださったことに感謝しきれません。

なおしいはしさんの後日談によると、吉本のマネージャーさんがこの司会の話をしいはしさんにしたのはイベント前日だったそうです。

吉本しっかりしろ!!!!!!

 

このイベントが終わると、しいはしさんのMCとしての活動もひと段落。唯一あったのはエグゼイドに出演されていた岩永徹也さんのファンイベントMCくらいで*5その後はごく普通の芸人活動に戻っていきました。

 

そのはずだったのです。

 

仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイド withレジェンドライダー」に出演決定

f:id:nanayanyade:20171222211038j:plain

お待たせしました。ついに本題まできた。

仮面ライダーは毎年12月に「平成ジェネレーションズ」(通称冬映画)というタイトルの映画を上映します。なんせ供給過多ジャンルだから年に何度も映画をやる!

冬映画のコンセプトは「現在放送中のライダーと一つ前のシリーズのライダーをメインに、過去のライダーがゲストで出演」というものなのですが、今年は平成ライダーシリーズのFINALと銘打ち、渡部秀三浦涼介福士蒼汰、佐野岳西銘駿レジェンドライダーとしてゲスト参戦するという盆と正月がいっぺんに来たような状態でした。

これを受けて11/26に『日曜アメトーーク』にて三度目となる「仮面ライダー大好き芸人」が放送されることが決定。当然しいはしさんも出るので、私はそれを楽しみにしていました。

ところが放送直前、しれっとこんなニュースが投下されます。

www.oricon.co.jp

そして、“仮面ライダー大好き芸人”の中でも随一の知識量を誇る、しいはしジャスタウェイもひそかに出演していたことを告白。

 

 

 これには多くのお笑い&仮面ライダーファンが祝福のコメントを寄せていて、その時点で私はもう胸いっぱいでした。辛うじて私もお祝いのコメントを送りましたが、動揺するがあまりとってつけたような言葉しか出てきませんでした。

 

 公開直前になると「ひそかに」出演していることを逆手にとって#しいはしジャスタウェイを探せ という企画を始めるしいはしさん。

そして12/9に「仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイド withレジェンドライダー」が公開されました。

 

※ここから映画のしいはしさんが出演している部分のネタバレをします。自力でしいはしさんを探したいという人は読み飛ばしてください。

 

 

私が映画を見たのは11/11。これだけ言ってて初日に見なかったのかという話なのですが、Hey!Say!JUMPの大阪公演が被るというミーハーならではの自爆が発生したので致し方ありませんでした。できるだけネタバレを見ないように努力していざ映画を鑑賞。

物語の導入が終わるとシーンは仮面ライダーエグゼイドの世界に移ります。町には怪人であるネビュラバグスターが出現。ライダーの面々は必至に市民を逃がそうとします。

しかし逃げ遅れた市民が一人。その男は必死に逃げようとしますが腰が抜けていて動けません。緊迫した状況の中、スクリーンには男がアップで映し出されます。

しいはしさんでした。大勢の中の一人ではありません。その場面に映っていたのはしいはしさん一人でした。

しいはしさんに迫りくるネビュラバグスター。もうだめだというその時、仮面ライダーブレイブ*6レガシーゲーマーレベル100が敵を阻止。その隙に飯島寛騎さん演じる宝生永夢先生がしいはしさんを救助していきました。

 

ネタバレ終わり

 

映画を見終わった後、私はぐっしゃぐしゃの顔で泣いていました。

映画は過去最高の出来でした。一ライダーファンとしてこの映画を見れて嬉しかったです。でもそれ以上に、こんな最高の映画のエンドロールに「しいはしジャスタウェイ」と書かれていることが幸せでならなかったのです。

しいはしさん、実は芸人をやる前にJACスーツアクターをしていました。ヒーローの「中」に入ってアクションをする仕事です。しかし首を骨折し、特撮の本編に出演するという夢はかなわず仕舞いで引退を余儀なくされました。

人間は願っていた夢が叶わないと知るとその夢を拒絶し、遠ざけてしまうものです。

しかししいはしさんは違いました。芸人になり、おもしろ佐藤さんとコンビを組んだあとも特撮への愛を語り続けました。

そして「特撮に出たい」という夢を掲げ続けました。

その夢がついに叶ったのです。

 

推しの夢が叶っただけでも嬉しいのに、しいはしさんを助けたのが仮面ライダーエグゼイドの面々だったということも嬉しさに拍車をかけました。しかも生身の永夢先生。

なぜなら、それはしいはしさんを単なるゲストキャラクターとしてではなく、あの暑い夏の日を、あの涙の大千秋楽をキャストと共に駆け抜けた仲間として物語に登場させてくださったことを意味していたからでした。

 

Twitterを見てみると仮面ライダーファンの皆さまが#しいはしジャスタウェイを探せ のタグに「しいはしさん見つけた!」と投稿していてとてもほほえましい気持ちになりました。しいはしさんのことでこんなにも大勢の人と騒げるのは初めてのことでした。

 

 

自分は出てないのにちゃんと宣伝をする佐藤さん最高かよ。

ちなみにしいはしさんが仮面ライダーの仕事をしている間、相方の佐藤さんが遊んでいたかといえば全くそんなことありません!アメコミ芸人としてコミコンというアメコミの祭典でイベントMCをしたり、「ジャスティスリーグ」のレッドカーペットに出席したりしていました。

 

 

ハリウッド俳優お二人からサインを貰った人と仮面ライダーの映画に出た人のコンビってほんと御茶ノ水男子どうなってるんだよ!!!!大好きだよ!!!!

 

さて、ここまでしいはしさんのことについてお読みになったそこの貴方、そろそろ御茶ノ水男子について興味が出てきましたよね???ですよね???(強引)

なーんとそんな貴方にちょうど良いライブがあるんだな!!!!

 

1/8の19:00-20:00より神保町花月にて「御茶ノ水男子乃話」というトークライブがあります!!!!

詳しくはこちら⇒ 公演詳細

 

正反対の二人が最高に楽しいトークを展開していますのでぜひ足をお運びください!

仮面ライダーWのフィリップと翔太郎とかジャニーズJr.の北樹とか好きな人は御茶ノ水男子好きだと思うので!今からでも全然問題ないです!チャンスです!!!

 

最後に

いつか本当にしいはしさんが夢を叶えるときが来るなら、私のファン人生はゴールを迎えるのではないかと思っていました。

でも全然終わりじゃなかった。

映画に出たのなら今度はテレビ本編に出ている姿が見たい。可能なら御茶ノ水男子二人で出てほしい。

いやはやオタクとは、人間とは実に強欲なものです。

しかし人間は強欲だからこそ、生きることができるのではないでしょうか。

私は今回の貴重な経験を通してこのことに気づかされました。

推しの夢が叶うとき、それはゴールなんかではなく、スタートだったのです。

 

という訳で東映さん、仮面ライダーのテレビ放送に御茶ノ水男子を出してください!よろしくお願いします!!!(やっぱり強欲) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:イベント初日。初日のみテレ朝の方が司会をしていた

*2:主にポッピーピポパポ

*3:宇宙戦隊キュウレンジャーのエンディング曲。振りがついているが仮面ライダーとは無関係なので最初踊る予定はなかった

*4:三浦大知さんが歌っている映画主題歌

*5:岩永さんファンの方が書かれたレポめちゃくちゃ楽しませてもらいましたお世話になりました

*6:エグゼイドの2号ライダー

「関西ジャニーズJr.のお笑いスター誕生!」をお笑いとジャニーズの兼ヲタが見てみた

関西ジャニーズJr.の映画がお笑いを題材にしているということで、お笑いとジャニーズの兼ヲタの私が見に行かないでどうする!と思い見てきました。数年前に一度少年たちを見に行ったのでメインの五人は知っていましたが、残りの人たちのことには疎いので最初見に行こうか迷っていました。ですがフライヤーの藤原丈一郎さんの姿があまりにも芸人さんっぽすぎて爆笑してしまい、見に行くことを決めました。あんな感じの写真、お笑いヲタなら100回くらい見たことありますよね!?(笑)

statan.jp

 

オープニングの漫才のシーンや養成所の様子は「あー、はいはい、お笑いの話だからネタのシーン入れるよねー」くらいの感じで余裕を持っていたのですが、ピンクらくだとエンドレスの立場が逆転し、出待ちがピンクらくだに流れるようになったシーン辺りからフィクションとはとても思えなくなってきて、終始真綿で首を絞められているかのような苦しさがありました。

 

 

 この映画、とにかくすべての描写がリアルすぎるんですよ。脚本家の方が元芸人さん(冷やし中華はじめましたのAMEMIYAさんの元相方)ということで、どの描写も現実のお笑い界とほとんどおなじ。私はドラマのシーンとかで明らかに漫才のネタを書いたことがない人が作ったと思われる漫才ネタを見るのが苦手なのですが、元芸人さんが書いているから漫才のシーンも全く違和感がなかったです。エンドレスの二人の演技も漫才師のそれだった。

ネタに関して細かいことを言うと若手芸人が漫才のテーマとして使いがちなファミレスやコールセンターをネタにもってくる辺りがさすがだし、広場でネタをするのもあるあるだし、最後に旅館で漫才をするシーンで5分のネタ(ゾンビとコールセンター)を2本つなげて10分間の営業ネタにするところなんて本当にお笑いをやっていた人しか思いつかないことのなので見ていて興奮しました。

エンドレスの関係性についてもあるあるすぎて辛かったです。才能のあるボケとヘラヘラしたツッコミなんてオタクは何組も知ってるし、幼馴染コンビが相方というビジネス関係になっていくのもよくある話。そして、そういう人たちが辞めていくのを何度も見てきました。

特に西畑くん演じる高浜がどんどん追い込まれていく姿は見ていて本当に苦しかったです。相方の稲毛くんにバイトを休んでネタ合わせしろと迫るところなんてもう……!少し話はそれるのですが、大昔に高浜くんと全く同じ状況で売れないことを焦った芸人さんが無理をした結果、病に倒れて亡くなってしまったことがあったので、そのことを思い出して「頼むから生きてくれ」と念じずにはいられませんでした。

 

www.youtube.com

その時の話は映画にもなっています。この漫才コンビの生き残った方の娘さんが山田涼介のモノマネをやってる光永ちゃんです。

 

とまあここまで苦しい苦しいと言いまくってしまいましたが、旅館のドタバタ劇から怒涛のエンディングにかけて、この苦しさをひっくり返すパワーがものすごく、見終わった後には爽快感を覚えました。エンドレスの二人が再起を図る姿を通して、お笑いオタクがずっと感じてきた苦しさやもどかしさを綺麗に浄化してくれました。

 

 これはお笑いアカウントの方で書いた感想です。ここで触れているアームストロングとは、かつてとにかく明るい安村さんが組んでいたコンビのことです。幼馴染同士のコンビで仲が良いことで有名だったけれど、方向性の違いによって解散してしまいました。仲が良いことで有名だった二人だけれど、解散のときに「実は何年も口をきいていなかった」という事実が明らかになって、オタクはショックをうけたものです。

何を言いたかったというと、「すでに解散してしまったお笑いコンビがもしも解散せずに済んでいたら……」みたいなifルートを示していたのがこの映画でした。現実じゃなくてあくまでもフィクションの中で示されているもににすぎないから、辛いことに変わりはないのですが、それでもなんだか、救われたような気がしました。

 

芸人さんの描写とストーリーがとにかく凄かった映画でしたが、もちろんキャストのみなさんもすごかったです。エンドレスの二人とピンクらくだの三人が醸し出す「こういう芸人いるよね感」にはオタクとして反応せざるを得ませんでした。

特に藤原丈一郎さんは凄かった……!漫才の時の藤原さん、声の出し方や間、表情すべてが芸人さんと同じでした。ああいうやわらかいツッコミをする人いるよね!ツッコミと言ってもギャーギャー騒ぐんじゃなくて、優しくツッコミながらも一番盛り上げたいときだけ頭をたたくという風にしたのが素晴らしかったです。そうすることで普段の性格も見えてきますもんね。

あのツッコミの仕方、相席スタートの山添さんとそっくりだなと思ってしまいました!お笑いヲタならわかってくれるはず。なんとかして共演してくれないかなあ。

室くんをリアクション芸人にしたのも名采配でしたね!元ジューシーズ、現サルゴリラの児玉さんみたいでした(ピースの又吉さんと同居してる人です)。リチャードくんが冷静なキャラなのは超新塾のアイクぬわらさんみたい。ああいう人コントで女装しがちだよね!向井くんがああして解散しそうな芸人さんの橋渡しをする姿、元ジューシーズの松橋さん(家事エもん)を思い出しました。木下真砂は井下好井みたいだった(笑)

関ジュの皆さんが芸人とい役を本当に上手に演じてくれたことが兼ヲタとしては本当に嬉しかったです!エンディングで踊り出してやっとあの人たちがジャニーズだということを思い出しました。

 

お笑いスター誕生、苦しさも楽しさも全部大真面目に観客に提示し、それを笑いで綺麗に収めてくれたのでとても感動しました。現役の人も辞めた人も、いろんな芸人さんの顔が浮かんで、終わった後もしばし泣きすぎて呆然としていました。

もっともっといろんな人に見てほしいです!お笑いオタには特に見てほしい。そして語り合いたい。

逆に関ジュ担の皆さまには、お笑いオタが抱える辛さとエモさを少しでも感じ取ってもらえればうれしいなと思います。そしてこれをきっかけにお笑いに興味を持ったならぜひ劇場に足を運んでみてください。

 

 

nanayanyade.hatenablog.com

 本当は松竹のライブのチケットの買い方を示すべきなんだろうけど吉本の犬なもんで……。

 

関ジュ担の方と映画の考察もしてみたいので、何かお笑いに関することで疑問に感じたことがあればぜひともお声をかけてくださいな。

以上、兼ヲタがお送りいたしました!

 

 

 

 

よしもとのお笑いライブチケットの買い方を今一度まとめてみた

このブログでいろんなジャンルについて無尽蔵に書き散らしたかいがあったのか、最近ありがたいことに「お笑いのライブに行ってみたい」と言って頂く機会が増えました。しかしそう言ってくださる、お笑い以外のジャンルのオタクの方からすればよしもとのお笑いライブのチケットの取り方はわかり辛いそうで……。せっかく興味を持って頂いたのですし、今一度よしもとのお笑いライブのチケットを購入する方法をまとめてみたいと思います。

注:今回説明するのはあくまで「よしもとの」お笑いライブのチケットの取り方です。吉本芸人が出演しているライブだったとしても、ライブの主催が吉本でない場合は購入方法がまた変わってきます。あと当然公式のガイドではないので抜けや誤りがあると思います。詳しくはチケットよしもとのHPを見てください。

 

①プレイガイドでチケットを取る

これは他のジャンルと何ら変わりないので割愛。ただ私は吉本主催のお笑いライブに行くならこれはあまりお勧めしない。わざわざ使わなくて良いです。

②チケットよしもと

おそらく他ジャンルの方がよしもとのチケットを購入する際にとまどう一番の理由はこれです。吉本興業はチケットよしもとという専門のチケット販売サイトを持っています。前はぴあに委託していました。ぴあに年間三億円払うのが嫌になったらしい。

チケットよしもと

チケットよしもとも一般的なプレイガイドとあまり変わりありません。一つ注意なのが、チケットよしもとはよしもとのファンクラブ会員のためのチケットサイトという前提なので、チケットを買うには先に「よしもとID」というファンクラブに登録してからチケットよしもとに会員登録をする必要があるということです(ただしラフピーというアプリを使えばチケットよしもとに登録する必要はありません)。それと吉本主催ではないライブだとこのプレイガイドではチケットがとれないことがあります。

よしもとニュースセンター : 「ラフピー」アプリ→チケット購入について

ネット以外にも電話注文や劇場の窓口購入などの方法もあります。

 

よしもとIDにはよしもとIDメンバー(無料会員)とプレミアムメンバー(有料会員)の二種類があります。だいたいのライブで無料会員と有料会員それぞれに先行販売があるのでこれを使うと普通に良い席がとれます。小さい劇場だと最前列は芸人さんと近すぎて首がもげそうになることもあるのですが。ただし超人気の芸人さんの公演だと先行がプレミアム会員のみだったり、先行に外れることもあるので一概にはいえません。それと吉本は基本的にマネージャー一人で若手芸人を数百人かかえることがざらなので公式がライブのお知らせをしてくれるとは限りません。ライブの情報は芸人さんのTwitterで把握するのが一番です。

 

あとチケットよしもとでチケットを買う場合、チケットの受け取り方法を「劇場発券」にするとお得です!!!!!チケット発券手数料がゼロだよ!!!!!

 

私はこれを言うためにこのブログを書いていると言っても過言ではない。高額なチケット発券手数料を支払う事に対して「ぴ○許さぬ」とつぶやいている他ジャンルのオタクの方を見ていて「劇場発券にすればよいのに」と何度思い、そして他ジャンルのライブに参戦する際に何度この手数料の高さに白目を剥いたことか。

よしもとの自社劇場には独自のチケット発券機が備え付けられています。開演前にチケット購入確認メールに記載されている番号を入力するか、チケット購入時に使ったクレジットカードを機械にスキャンすることでチケットを発券することができます。

ただしこれも例外があって、よしもとの自社劇場でやるライブにしか適用されないこと、よしもとの自社劇場でもこの発券機がないところもあるので注意が必要です。例えばよしもと漫才劇場のチケットはお向かいのなんばグランド花月のエントランスにある機械で発券しなければなりませんし、道頓堀ZAZAは吉本御用達ではあるものの自社劇場ではないのでこのオプションは使えません。チケット購入時の必要事項入力画面をよく見てみてください。

 

基本的にチケットはチケットよしもとで買う!以上!って感じなのですが、ちょっとのっぴきならない事情があるときもあります。

ライブの中には芸人さんにチケットを売りさばくノルマが課せられているものがあります。主にネタバトルのような、若手芸人がネタを披露して他の芸人さんと順位を争うものがそうです。少クラみたいな感じなんだけど明確に順位がつけられるライブ。そういう時は芸人さんのノルマをクリアすることが大切なので、できれば芸人さんから直接買って頂けるとお笑いオタクとしてはありがたいです。

ただこれ、お笑い独特のルールだからわかりにくいんですよね!

という訳で以下に応用編として芸人さんから直接ライブのチケットを購入する方法を記載しております。

応用編①:手売り

読んで字のごとく、芸人さんから直接チケットを売ってもらうやり方。だいたいライブの前後に劇場のロビーや建物の外で芸人さんが「○○のチケットもってまーす」とウロウロしているので、必要な枚数を言ってお金を渡せば良いです。中には談笑をしていたり出待ちをしているお客さんに対して直接売り込みをかける芸人さんもいます。お目当てのライブなら嬉しいですが、行けないライブに対して売り込みをかけられると好きな芸人さんでもただのキャッチと化すので、私は未だにこのケースの対処方法の正解がわからないでいます。私は一度推しの売り込みをガン無視したことがあります(笑)

手売りをする際はライブのエンディングでアナウンスがあったりやツイートがあったりするので、ふらっと買ってみると楽しいです。芸人さんに余裕がある時は購入したあとにサインや写真撮影に応じてもらえることもあります。

応用編②:置きチケ(置きチケット) ※主に関東のライブのみ

これはチケットの取り置きを指します。芸人さんのTwitterで「○○のライブは置きチケを承ります」と告知がされる場合があります。その際は「(予約したいライブの名前)のチケットを(予約に使いたい名前)で〇枚お願いします」とリプライしましょう。そうすると当日に注文したとしても前売り料金でチケットを購入することができます。ライブ当日に「(置いてもらったライブの名前)のチケットを(置きチケをお願いした芸人さんの名前)さんに〇枚お願いしている(芸人さんに伝えている名前)です」と劇場窓口の方に伝え、料金を支払えばチケットを受け取ることができます。

 

ただしこの応用編の方法は芸人さんにとっては手間がかかるものですからすべてのライブに当てはまるものではなく、これらを受け付けずにプレイガイドで買うことを要請しているものも多いです。芸人さんと触れ合いたいがためにプレイガイドでの購入が優先されるべきライブに対しても手売りで購入しようとする方がいますがそれは避けるべきです。

ですからお目当ての芸人さんに、行きたいライブのチケットはチケットよしもとで買うべきか直接買うべきかTwitterでお尋ねしたほうがベターだと思います。

(お笑いオタがTwitterに依存する理由がおわかりいただけただろうか……)

 

とまあざっと書いてみましたが、別に難しく考えずにファミポートで買うとか劇場窓口で買うとかでもいいんです!ただお笑いは国内有数の気軽に見に行けるエンタメなんだから、チケットも気軽に買えるようになればいいなと思ったので今回書いてみました。

チケット代1500円のライブも沢山あるのがお笑いの魅力なので、ぜひともふらっと劇場に足を運んでみてくださいな!

以上、お笑いといろんなジャンルを掛け持ちしまくって首が回らなくなっているオタクがお伝えしました!

 

4ジャンル兼任オタク、遠距離恋愛で浪費する

オタクの生態ほど面白いものはない。だから「悪友」が同人誌として発売された時は真っ先に購入したし、今回「浪費図鑑―悪友たちのないしょ話―」として商業誌化されたものも手に入れた。

 

浪費図鑑―悪友たちのないしょ話― (コミックス単行本)

浪費図鑑―悪友たちのないしょ話― (コミックス単行本)

 

 

私はジャニーズ(岡本圭人後藤泰観)、お笑い(御茶ノ水男子)、特撮(ニチアサと牙狼)、プロレス(ドラゴンゲート)の4ジャンルを兼任しているオタクなので、自分が好きなジャンルの話には頷くばかりだったし、逆に「コスメカウンターで浪費する女」など自分が通ったことのないジャンルには目からうろこが落ちた。

Amazonのレビューを読んでみると「ネットのブログでも読める程度」だという批判もあったのだが、お笑いオタクとしては「ロザンで浪費する女」が収録されたことがとても嬉しかった。浪費図鑑以前にもオタクの生態を描いた漫画や小説は複数あったけれど、お笑いは毎回飛ばされていたからだ。

お笑いというジャンルではブログに公演のレポを書いたり評論もどきの語りをする文化が死滅してしまっている。ファンが減った、一部の芸人さんがレポ禁止令を出してそれが他の芸人のファンにも広まった、芸人さんがエゴサや引用RTをしすぎてファンが感想を書きづらい、など思い当たる理由はいくつかある。なので今回商業誌という形でお笑いオタクが紹介されたたことはレアケースであり、これこそネットでは見つからないものだった。それに他ジャンルの方の「自分語り」はよっぽどバズってるものを除けば同じ趣味を持つ人しかフォローしていないTwitterには流れてこないし、いろんなジャンルの話を知れるのが紙媒体ならではだと思った。

その一方で、私みたいにいろんなジャンルを掛け持ちしているオタクはこうした「一ジャンルに浪費するオタク」の生態を描いた本には出られないなとも思った。事実、同人誌版のアンケートにも自分の浪費エピソードを書くのはやめてしまった。一つのジャンルにかけるお金は低く、現場も基本的に一公演に対して一回しか入らないためだ。

 

今回、せっかくなので4ジャンルを掛け持ちしているミーハーオタクがどんな活動をしているかも記載してみることにする。

基本的にお金を使っている額の大きさは

ジャニーズ>お笑い>プロレス>特撮 だ。

Hey!Say!JUMP はCDやテレビ出演などで話題に事欠かない一方、ファンクラブ会員数とライブのハコが壊滅的に見合っていないので年に1回のコンサートも1公演入れたら御の字という状況。お笑いで推している御茶ノ水男子は1公演2000円という単価の安さは魅力的なのだが関東にしか現場がないというデメリットを抱えている。

またプロレスは推し団体が関西を拠点にしているので現場に行く機会は保証されているがお金も時間もかかるし、プロレス団体は巡業をするので地元に来るときに限って他ジャンルのイベントと被ることが多い。特撮はテレビで毎週放送があるという手軽さはあるものの、変身グッズの購入や年に何度も制作される劇場版の観賞、トークショーの参加などお金を落とす機会がたくさんあるためバランスを考えないとあっという間に有り金を持って行かれる。

という訳でそれぞれのジャンルにデメリットはあるのだが、私はこれを他のジャンルで補完するような形でオタク活動を行っていた。

これだけ好きなものが多いと浪費がすごそうだと思われるかもしれないが、自分は実家住まいで遠征をすることを制限されていたので、どのジャンルに対しても関西を拠点にして細々とオタク活動をしていた。これまでは。

ところが去年、彼氏ができてしまったのである。関東在住の。

これまでは東京への遠征も年に1、2回程度だったのだが、彼氏に会いに行くためならば2カ月に1度東京に行っても親からとがめられなくなり、一気に拍車がかかった。現在は各ジャンルのライブスケジュールをチェックし、一番沢山ライブに行けそうな日に合わせて東京に行っている。特にお笑いに関しては、ファン7年目に突入してやっと御茶ノ水男子のライブに行けたことが嬉しくてたまらなくなり、そこから彼氏に会いに行くたびに御茶ノ水男子のライブを観ることがやめられない。

また彼氏は特撮のガチヲタなので、特撮芸人のトークライブ(吉本ヒーロータイム)やアクションつながりでプロレスに連れて行くとめちゃくちゃ楽しんでくれる。オタ活はデートにもなり一石二鳥なのだ。デートという免罪符までついてしまえばさらに活発に現場に足を運んでしまう。これが可能なのは彼氏が私よりも重度のオタクだからということもあるのだが、その分彼氏はびっくりするほど現金を持っていないので、彼氏の懐事情まで計算しないとデートの予定が大幅に狂うことになる*1

という訳で4ジャンルそれぞれにかけるお金が大幅にアップしてしまった。もちろん東京に行く一番の目的は彼氏と会うためなので、交通費と彼氏と普通にデートをするための費用が上乗せされて今まで生きていた中で一番の金欠に晒されている。

(ちなみに遠距離恋愛をしていると普段会えないぶんデートの時にものすごくはりきってしまって出費がすごいことになるよ!)

 

いま手元にはこれから行く予定のライブのチケットが5枚あって、ぜんぶジャンルが違うものだから恐ろしい。ミーハー気質だからメインではないジャンルのチケットまで取ってしまっている。

私は自分のことをある種「多重人格」だと思っていて、どれか一つのジャンルのオタクとしての人格が強く表れているときは「なんで他のジャンルのチケットをこんなにも取っているんだ……」と後悔するのだが、後々になって「あのときチケットを取っていた自分ナイス!」と別ジャンルのオタクとしての人格が顔を出すのでやめられない。

加えて好きな人同士が共演するだなんてことがあれば鳥肌が立つほど興奮する。特にこの夏行われたテレ朝夏祭りでは御茶ノ水男子しいはしジャスタウェイ氏が「仮面ライダーエグゼイド」キャストトークショーのMCを務めるというミラクルが発生し、現地でエグゼイドファンの皆さまが「ジャスタウェイ」とコールしてくれた時には泣きそうになった。

 

nanayanyade.hatenablog.com

 

一つのジャンルに集中してお金を使わないだなんてオタクじゃないと思われるかもしれない。

 けれども私のブログのタイトルである「広く浅くで大惨事」、こういう浪費の仕方もあるのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

*1:デート代は折半にしています