読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広く浅くで大惨事

ミーハーな関西人がHey!Say!JUMPにハマってしまい、どっひゃーとなっているブログ。

怪力の母まとめ

twitter.com

滝沢歌舞伎のレポとかいろいろ書きたいことはあるのですが、母親が誕生日なので記念として母の怪力エピソードをまとめてみたいと思います。

怪力の母とは

実家で一緒に住む母。身長155cmと小柄ながら握力45キロ、背筋力100キロをたたき出すことからこう呼んでいる。職場での腕相撲で負けたことがない。自称加藤ローサ国仲涼子を足して二で割った顔。

 

twitter.com

エアコンを粗大ごみに出そうとした際、一人でエアコンを抱えて二階から一階まで運んだという伝説もあります。

 

twitter.com

これ以外特にトレーニングしていないのに全身ムキムキ

 

twitter.com

ことあるごとにジャニーズと張り合う母

twitter.com

※ゼウスで行われた綱渡りのこと

 

twitter.com

持ち手があるから楽勝のこと

 

twitter.com

亀梨くんと山Pの回。ドアの上にある窓を飛び越える対決を見て。

 

twitter.com

 

twitter.com

突然のまじめな解説

しかしただ怪力なだけではなく、天然もかましてくるので気が抜けない

 

twitter.com

 

twitter.com

 

twitter.com

 

とりあえずこんな感じです。

あと正月に「なんであんたの手はそんなにちっちゃいねん!お母さん小学校六年生のときにはバク転できたで!」と毎年叱られるというエピソードもありますが、おかげで毎日楽しいです。

また新たに何かあれば追記していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岡本圭人は優しい王様になれると信じているんだ

お題「岡本圭人の誕生日を祝おう!」

 

岡本圭人は不思議な人だ。

長年ずっとお笑いのオタクをやっており、芸人さんがギャンブルで大損した話やアダルトビデオの話をしているのにゲラゲラ笑っていた私を、ジャニーズというキラキラな世界にはめてしまった。

もちろんジャニーズ自体が美しい世界だとは思うが、その中でも彼は抜きんでて思いやりと優しさにあふれていると思う。私が最初に彼の魅力に気づいたのはラジオで、過剰なくらいにスタッフさんやファンを気遣う姿が印象的だった。それをきっかけにして調べていくうち、その他にも様々な優男エビソードがあること、またそれだけでなくお茶目な一面もあるということを知り、あっという間にファンになることを決意した。つくづく不思議な魅力を持っていると思う。

彼はその優しい性格が災いして、目立たないことも少なくない。テレビ番組で映らないことだってある。でも私は、この優しい性格がやがて大逆転を産み出すと信じているのだ。

最近の世間や芸能界を見ていると、物事が有名になっていくきっかけは「怒り」であると感じる。炎上商法しかり、保育園落ちたしかり。もちろん怒りはとても重要なエネルギー源になるし、人々の不満を世間に知ってもらうことの意義は大きい(社会問題とか)。しかし怒りを原動力にしているものがあまりにも多すぎるし、何より怒るということは途方もない疲労感をもたらす。

そんな世の中だからこそ、岡本圭人という人はこれから必要とされ、世界に広まっていくのではないだろうか。事実、芸能界にも少しずつこの輪は広まってきており、彼の魅力に気づいた関係者の皆さまが彼に活躍の場を与えてくれるようになった。本人もそれに応えられるよう頑張っている。

芸能界という厳しい世界では、自らの強い力で運命を切り開いていくことが大切である。しかし人望によって周りから支えられ、玉座に座る人がいたって良いはずだ。私は岡本圭人という人が、そういう優しい王様になれると信じている。

 

2月1日放送の少年倶楽部を見てジャニーズのバイオリンアイドル後藤泰観さんに堕ちた

2月2日、その日はたまたま休みだったので何気なく録画していた少年倶楽部を再生した。

ジャニーズに興味を持つようになってからこの番組は毎週録画していたが、特に好きな人が出来ることもなく毎回なんとなく見ていた。

そのはずだった。

番組が中盤に差し掛かると、ゲストとして屋良さんが登場してトークをしはじめる。そんな中突然始まったバースデーサプライズ。会場のお客さんはシークレットゲストの浜中文一氏に沸いていたが、私はその横でバイオリンを演奏していた後藤泰観さんに目がいった。

元々特撮ヲタなのでギャバンの弟がジャニーズでピアノを弾いている*1ということを知っていたし、そのつながりで後藤さんの名前を覚えていたのだ。

加えて以前放送されたふみきゅんのリズム4ゲームやクリスマススペシャルでのバイオリン演奏を見て後藤さんのことが印象に残っており、少クラに後藤さんが出ていたらテンションが上がるようになっていた。

お、後藤さんだ。ラッキー。

そんな風に見ていると、SHOCKメンバーとのミニコントが始まった。屋良さんに異常に距離を詰めながら「雪の降る日」を演奏する後藤さん。今思い返せば屋良さんの技量が大きかったのだろうが、しっかりとボケる後藤さんにお笑いオタクとして好感度が上がる。リズム4ゲーム以外で素性がわかる場面がなかったのでうれしかった。

 

なんて甘い考えはNEW HORIZONとMistyで打ち消された。

ジャニーズ歴の浅い私でもSHOCKに出る人たちはダンスの精鋭であるということは知っている。しかしそうであるならば、その人たちと同じステップを踏みながらバイオリンを演奏している後藤さんは一体何なのだ!

人間ってあんなにも激しく踊りながらバイオリンを演奏できるということを私は初めて知った。

圧倒的なパフォーマンスの前にして、脳天を稲妻で貫かれるとはこのことだ。

この衝撃は、私が大好きなプロレスラー、ドラゴン・キッドのドラゴンラナを見たそれと同じものだった。

www.youtube.com

 要するにファンになるには十分な一撃だったのだ。

 

そこからはアッという間だった。

ここでフォロワーさんから後藤さんが滝沢歌舞伎に出ること、まだ申込期間内だということを知る。

 

少クラを見てわずか2時間後にJr.会員になっていた。自分でもまさかこうなるとは!

振り込みが終わると早速メールで会員番号が発行されたのでそのまま滝沢歌舞伎に申し込んだ。正直当たるとは思っていない。ただこの感情をぶつける所が欲しかった。

 

そんな訳で2月2日、岡本圭人さんに加えて後藤泰観さんを担当とすることにいたしました。

好きなところは実力です。

今現在はとにかく手探りの状況で、後藤さんがどんな人か、過去どんな作品に出ていたか調べている。昨日のMステを見ていたら修二と彰でも演奏していたことを知って驚いた。

また、フォロワーさんが後藤さんが外部でgoodiesというバンドもやっていることを教えて頂き早速チェックしている。

www.instagram.com

 


Goodiesー愛燦燦(Recording in Korea)

 

公式instagramYouTubeがあるジャニーズ……!これがハイブリッドアイドル後藤泰観か!!!

 

滝沢歌舞伎が億が一あたりでもしない限り、私にできることは変わらず少クラを見ることしかできないが、せっかくファンになったのだから楽しんでみようと思う。せっかくハイブリッドアイドルを推したのだからgoodiesのイベントに行ってみるのも良いかもしれない。別で推している東京吉本の芸人のライブと合わせれば一石二鳥だし。

 

また大惨事を起こしてしまった。私が新たなる沼でのたうち回る様子をこれから温かい目で見守って頂ければ幸いだ。

そんな訳で私はこれからまた少クラを見ようと思います。もう五回目だ!

 

 

 

 

 

 

*1:言わずもがな石垣さん

推しを夏のテレビ番組に出演させたいならステマを始めるのは今でしょという話

あけましておめでとうございます!年末はジャニーズカウントダウンを生放送で見られてとっても楽しかったです。特に年男パートでの岡本親子の共演には大興奮でした。

酉年の皆さんを見てぼんやりと沸き起こったのは「今年は自分の応援する岡本圭人に売れてほしいなあ」という感情でした。

 

去年の12月の頭、たぶん年末番組のラインナップが発表された頃、TLを眺めていたら「この年末番組に推しが出てほしい!」というツイートをよく見かけたんですね。

でもそれを見てふと、テレビ関係の知人が「年明けにはもう夏の特番の打ち合わせが始まる」とつぶやいていたことを思い出したんです(※もうずいぶん前のツイートなので定かではありません)。

今からもう夏の特番?と思う方も多いと思うのですが、確かにざっとテレビ番組のプロデューサーさんの普段のツイートを見ると、特番の企画打ち合わせって番組が放送される半年前くらいから行われているようです。

加えて制作番組のホームページを見ると、キャスティングというのは企画と同時にされるとのこと。

つまりキャストが決まるのはその番組が放送される半年前ということになります。

express.co.jp

 

私はああしまったと思いました。圭人くんに語学番組に出てほしいという多くの圭人担が抱く願望をかなえるためには、秋くらいからステマをしていないといけなかったのです。

 

私はお笑い芸人のオタクもしているのですが、彼らの話を聞いているとエゴサーチは業界の人にとっては今や当たり前のことなのだと実感させられることが多くあります。もちろん事務所の力も大いに関係しますが、我々オタクが推しについて書いているものもそれなりに効力がある訳です。

となると我々オタクも、番組制作陣に効果的なステマをしたいのなら、その方たちのスケジュールに合わせたプロモーションをしなければならないのではないでしょうか。

つまり私たちが今ステマ記事を書くならば、夏の番組に照準を合わせたほうが良いということです。

 

こんな真冬に夏の番組なんて考えられないよ!と思うはずです。ここからは本当に適当な想像なのですが少し考えてみました。

バラエティはだいたい春と秋に始まるものが多いので、今ステマするなら夏の特番の出演を狙った方が良いと思います。

ざっと調べてみると音楽番組ではFNS歌謡祭やMusic Dayなどがあります。また、夏ならば心霊番組、リゾート地での旅行番組などがあるでしょう。

そうなると推しをステマするときに使えるアピールポイントは心霊番組や心霊どっきりに対して良いリアクションができることや、水泳などのマリンスポーツができることだというふうになります。

 

あれ……?

心霊番組に対しての良いリアクション……?マリンスポーツができる……?

もしかして:高木雄也

 

すいません、本当にこんなつもりじゃなく書き始めたんですが、なぜか高木雄也を推すなら今でしょ!ということになってしまいました!

番組のみなさま高木雄也に夏の特番のお仕事ください!見た目ヤンキーですが中身はビビるとオネェになる湘南を愛する海の男です!

岡本圭人も夏のリゾート地での英語通訳にいかかですかね!ね!)

 

まあでも雄也君に限らず、どの推しに対しても「今より半年後の番組に向けてステマをする」ということを意識すれば良いと思います。

大事なのは番組を作る人の立場になってステマの戦略を練るということです。

とんでもなく尻切れトンボになっていまいました。

ですがインターネットで拝見する皆様のステマは本当に素敵なものばかりなので、それがみなさまの推しの出演に繋がってほしいなと思っております。

以上、テレビっ子のオタクが考えた効率的なステマの戦略でした!

DRAGON GATEは夢の扉を開く戦士の物語である

こちらはしきさん主催の #おたく楽しい Advent Calendar 参加記事です。

www.adventar.org

 

 

かつて力道山ジャイアント馬場アントニオ猪木など数々のスター選手を輩出したプロレス。近年では新日本プロレスブームをきっかけとして再び脚光を浴びるようになりました。そのブームの影響から「レンタル救世主」ではジャニーズWEST藤井流星氏が獣神サンダー・ライガーの息子役を演じたり、来年にはAKBによるプロレスドラマの制作が決定したりしています。

今回はそんなプロレスブームのなか、王道の新日本プロレスではなくなぜかDRAGON GATEという団体にはまってしまった私の話を聞いてください。

 

DRAGON GATEとは

www.gaora.co.jp

 

 

兵庫県に本拠地を置くプロレス団体です。通称ドラゲー。従来のプロレス選手よりも小柄な人が多いのが特徴。団体誕生の経緯が複雑なので割愛しますがメキシコにルーツを持つためメキシコのプロレスであるルチャリブレをベースにした試合スタイルです。ルチャリブレについては過去にこんな記事を書いたのでよろしければご参照ください。

 

nanayanyade.hatenablog.com

 

ドラゴンゲートという団体の歴史についてはWikipediaが恐ろしく充実しているので詳しくはこちらを見て頂いたほうが早いです。ファン歴の浅い自分がここまで書けるわけないので放棄だ!

DRAGON GATE - Wikipedia

 

DRAGON GATEが他の団体とどう違うのか

www.youtube.com

PVがほとんどすべてを物語っていますね。この記事の意義とは。ちなみに公式テーマソングを歌っているのはJAM Projectです。

ジェットコースターのような試合

ドラゲーは体重70キロ代と一般男性と変わらない体格の選手も多いので、その分試合展開がとても速い!ここが昔のプロレスを知っている方なら驚く点かもしれません。ルチャリブレをベースにしているので空中戦などのアクロバット技も多く、ハラハラさせれっぱなし。またユニット(後述)を中心とした団体戦により、時には6対6や3対3対3の試合をすることも。まさにジェットコースターのような試合ばかりです。この点が昔から特撮を見ていた私にはどストライクで、一気にハマってしまった要因となっています。

心躍るユニット抗争

新しく何かのジャンルにはまった時に困るのがその中にある人間関係を把握することです。この点においてドラゲーは心配ありません。なんせドラゲーでは複数のユニットが形成され、戦っているからです(ユニットに所属していない人もいます)。例えるならジャニーズJr.の舞台「少年たち」のチームが本当に戦っているようなものですし、特撮ファンの方には仮面ライダー鎧武のダンスチームの争いを思い出していただければ良いと思います。このユニット単位の争いがあることによってドラゴンゲートという物語に容易に入っていくことができます。抗争なんてわからないよ!という方ご心配なく。試合前に選手がマイクパフォーマンスによって丁寧に説明してくれます!

ちなみにですが、ユニット抗争によってユニットの解散を賭けた試合、通称「解散コントラマッチ」が組まれることもしばしば。ですからユニットの入れ替わりがとてつもなく激しいです。ジャニーズJr.のユニットよりもなくなるの早いよ!!!!!!

選手との距離の近さ

これはジャニーズのコンサートを見に行くようになって実感したことですが、ドラゲーでは選手との距離が近いです。舞台と客席との近さで言えば圧倒的にお笑いライブの優勝なのですが、なんせドラゲー物販に選手がいます。試合前に選手の目の前でグッズのガチャを引く私たちとは一体。ドラゲーは公式グッズの種類も豊富なので、選手にそれを勧められるもんならそりゃあ買いますよ……。こうして試合を見て、途中休憩でまた違う選手が物販をしてるを見て、後半の試合を見て、メインの試合に大興奮!となったらリングアナウンサーの菊池*1さんから「この後、物販コーナーにて先ほどの試合に勝利されました○○選手のサイン会を行います」ってお知らせがあるんですよ!?散財の臭いしかしないので私は行ったことないんですけど、選手のファンイベントとかもあるみたいです。選手との距離というより公式の搾取っぷりがすごい。

地方興行の多さ

地方に住んでいるからライブにいけないと言っている方こそプロレスを見るべき!プロレスは巡業スタイルを取るジャンルなので地方でも見れる機会が沢山あります。特に所属選手の地元で行われるときは「凱旋公演」という名前になりより楽しめるはず。ちなみに覆面選手でもプロフィールに出身地を明記しているのはこれがあるからだと思います。ぜひ地方公演にも足を運んでみては。

www.gaora.co.jp

これらの要素からお察しの方がいらっしゃるかもしれませんが、ドラゲーはエンターテイメント性に重きを置いています。そのためドラゲー女子と呼ばれる女性層やファミリー層も多く、どんな人でも楽しめるのがこの団体の素敵なところです。

 

どんな選手がいるの?

どんな選手がいるか全員ご紹介したいのですが、それだと全員紹介するまで終われないのでユニットのご紹介だけで我慢します。

ユニットの文字の色はチームカラーです。

※なんせ入れ替わり激しいのでユニットのメンバーが合っているか自信ないです。

 

OVER GENERATION

CIMA(リーダー)、Gamma、ドラゴン・キッド、Eita、パンチ富永、石田凱士、山村武寛

団体設立初期のメンバーと入団間もない若手によるまさに世代を超えたユニット。ジャニーズフューチャーワールドみが強い。ベテランに育てられていく若手を見るもよし、若手に刺激を受けて猛攻するベテランの熱き魂に触れるもよし。所属選手のドラゴン・キッドとGammaはオープン・ザ・ツインゲートというタッグマッチチャンピオン、Eitaはオープン・ザ・ブレイブゲートという軽量級クラスのチャンピオン。

f:id:nanayanyade:20161223171517j:plain

3カウントを取りツインゲートを奪取したときのドラゴン・キッド(推し)

(筆者撮影。ドラゲーは写真撮影OK)

 

ジミーズ

 ジミー・ススム(紫)(リーダー)、ジミー・クネスJ.K.S.(ピンク)、ジミー・神田(青)、斎藤"ジミー"了(オレンジ)、堀口元気H.A.Gee.Mee!!(黄)、ジミー・カゲトラ(グレー) ※括弧はメンバーカラー

 全員名前に「ジミー」を冠する「地味」なメンバーで構成されている。しかしつい最近までユニットの移り変わりが激しいドラゲーで最長のユニット歴を誇る。つまりぜんぜん負けない。つい最近までメンバー全員がタイトルホルダーだったのでジミーズはもはやタイトルの門番なのでは……?

堀口元気H.A.Gee.Mee!!&斎藤“ジミー”了&ジミー・神田がオープン・ザ・トライアングルゲートの現チャンピオン。

 

VerserK

鷹木信悟(リーダー)、T-Hawk、サイバー・コング、"brother"YASSHI、谷嵜なおき、問題龍、エル・リンダマン

 ヒール(悪役)ユニット。妨害や武器の使用など姑息な手段を使って戦うのでブーイングは日常茶飯事。しかし実力もありドラゴンゲートには欠かせない存在。特にリーダー鷹木信悟の強さを見ていると「力こそ正義」という考えを否定できない自分がいる。

 

TRIBE VANGUARD

 B×Bハルク(リーダー)、YAMATO、Kzy、ヨースケ♡サンタマリア、フラミー

VerserKのメンバーとして活躍していたYAMATOが鷹木と分裂し、現在のユニットメンバーがそれを助けたことによって生まれた。YAMATOはこれによりベビーフェイス(善人レスラー)に転向。一番新しくできたユニットであるが実力者揃いのため勢いは抜群であり、ジャニーズに例えるならLove-tune。YAMATOが鷹木を破って団体の最も権威あるタイトル、オープン・ザ・ドリームゲートの王座につき、今後団体を自分が引っ張っていくと宣言した。

 

YAMATOの同期の中で最も早いデビュー→ナルシストヒール(料理もできるよ)→団体を引っ張るエース という経緯が似すぎていることから私はプロレス界の手越祐也と呼んでいます。こう呼んでいるのは私だけです。このユニットは他の人も素晴らしいけどユニット自体の説明となるとYAMATOさんの話だけで容量オーバーするところが辛い……。

 

ちなみにYAMATO、鷹木信悟B×Bハルクの三人に加えて、スピードスターの異名を持つ吉野正人忍足謙也ではない)とVerserKを追放されてどうなるか注目の土井成樹の5人を「現世代」と呼びます*2。これはこのメンバーが現在の団体を引っ張る主軸であるという意味です。

 

よくわからんという人は試合を見よう!

 

どこで見れるの?

 試合を見るには、ぴあでチケットを買って実際に会場に行く、ニコ生のチケットを買って生放送を見る、GAORAというCS放送局で見る、など様々な方法があります。これに関しては公式の説明がめちゃくちゃ手厚いので団体HPのリンクから飛んでみてください!

DVDもあります。

ドラゴンゲートオンラインショップ/商品詳細 DRAGON GATE BATTLE of WINTER 2015

 

あとたまに試合を見るならどの席が良いかと聞かれるのですが、初心者のうちはやはり値段は高くても前の方で見たほうが良いのではないかと思います。プロレス会場は客席に段差がないところが多くて、しかもパイプ椅子だからです。つまり後ろだと見えない。

もし前の方の席を買ったという方がいれば、なるべく軽装備でお願いします。なぜなら場外乱闘があるからです!選手が近くに来て「おさがりください!」というアナウンスが聞こえたら荷物を持って席から逃げましょう!席が吹き飛びます!

 

この記事を読んで少しでもDRAGON GATEという団体に興味を持ってくだされば幸いです!(あとファンの方、もし間違ってるところあれば優しく教えてください)

みなさまも楽しいドラゲーライフを!

 

*1:ドラゲーの専属リングアナウンサー。開演前に前説もしている。世界一大好きな声。

*2:本来は戸澤選手もこのくくりにいましたがアメリカ挑戦のため退団

御茶ノ水男子はオタク界最強のお笑いコンビかもしれない

あなたはこんな経験ありますか?

「今までいたジャンルに加えて新たに好きなジャンルができたけど、もともといたジャンルの推しがそこのガチヲタだった」

私はあります。

 

ブログやTwitterで公言している通り、私はミーハーです。ミーハーが高じて今年はしきさんの #おたく楽しい Advent Chalendar 2016 に参戦させていただくこととなりました。私の担当日は23日、お題はプロレス団体のドラゴンゲートなのですが、予想外にお笑いオタクとしての熱が再燃しまして。ドラゴンゲートについてももちろん書かせていただきますが、その前に飛び入りで私がミーハーになったきっかけであるお笑いコンビ「御茶ノ水男子」について語らせてください!

 

御茶ノ水男子とは

 

f:id:nanayanyade:20161202181821j:plain

 

2006年NSC*1入所、2008年にコンビを結成した吉本興業所属のお笑いコンビ。東京NSC12期で同期はジャングルポケット渡辺直美ジェラードンなど。略称は御茶男(おちゃだん)。テーマカラーは白と黒(色白と色黒のコンビなので)。コントのイメージが強いけど漫才もする。

 

しいはしジャスタウェイ(写真右、ボケ)

色白のほう。1981年7月20日生まれ。

名前からお察しの通り銀魂の大ファン。そして私が特撮ヲタになったきっかけの人。

JACスーツアクター*2V系バンド「sinners」のローディー*3を経て芸人に。

これらの経歴を活かしジャンプ作品を扱う番組「特捜警察ジャンポリス」で銀魂の実写化を担当し、坂田銀時役として殺陣を行った。

殺陣がめちゃくちゃ上手いのになぜか極度の運動音痴であり、アメトーーク「運動神経悪い芸人」で世間をざわつかせた。

特撮が大好きすぎて「ミュージカルテニスの王子様テニミュ)で跡部役をやった俳優はその後仮面ライダーに出ている」という法則を発見し、青田買いのためにテニミュゲネプロを見に行ったほど。

アメトーーク仮面ライダー芸人」には二回とも出演。仮面ライダー芸人に出るときは毎回今までの作品を総ざらいするそう。また特撮作品の出演者を招いてトークショー(後述)をしており毎回人気である。

年末に大きなお仕事が決まったとライブで言っていたのだけど、まだ公表して良いのかわからないので後日追記します。

twitter.com

 

 

おもしろ佐藤(写真左、ツッコミ)

色黒のほう。1984年3月25日生まれ。最近はさらに黒くなっている。

中学生の時にもののけ姫のサンに惚れたことから「宮崎駿のおっかけ」になり、オープン当初のジブリ美術館前で入り待ち出待ちをし、通りがかった鈴木プロデューサーと写真を撮ってもらったという逸話を持つ。

芸人になる前はアニメーターの職に就いており、「NARUTO」「BLEACH」「ハウルの動く城」などに関わる。

顎の力が強靭でレンガくらいのものなら噛み砕いてしまう。

ジブリの他にもアメコミ(特にバットマン)やファッション、人狼など趣味が多い。

ご本人はどの趣味を推せば良いかわからないと仰っているけど個人的にはアメコミ映画の公開が続くのでアメコミを推せば良いのではと思っています。ちなみに「バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生」が上映された時にはオリコンさんの方でプロモーションを行っていました(後述)。オリコンさんいつもありがとうございます!!!よろしければ来年のジャスティス・リーグの時もお願いします!!!!

余談ですがこう見えて女装すると可愛く、一部のオタクを震撼させました。

f:id:nanayanyade:20161208001145j:plain

twitter.com

ファンだから麻痺してたけど改めて書き出してみると二人とも経歴が凄い。

ネタもオタク要素満載

芸人さんは舞台でネタを頑張って地位を築く人と趣味や特技を活かして注目される人とに大きく分かれると思うのですが、御茶ノ水男子はどちらかというと後者です。でもネタをおろそかにしている訳ではありません。ネタもオタク要素をふんだんに取り入れたものになっています。

まず、御茶ノ水男子が最初に注目されたきっかけはBLコントでした。

地雷臭を感じたあなた!ブラウザ閉じないで!これが意外とよくできてるから!

ご本人曰く池袋の乙女ロードでBL漫画を買って研究したらしいです。最近はさすがにやってません。

 


20100804 御茶ノ水男子

 

他にもヒーローショーで培ったアクションやアメコミの知識を活かしたコントなどをしています。また、もう映像が消されてしまってないのですが、バンギャ*4を描いたコントをするなど自分たちの好きなものだけでなくファンやファン心理を題材にしたものもあって、毎回その観察眼にびっくりします。先月のライブで披露していた新ネタは「もしも漫才にV系要素を取り入れたら」というもので、V系に詳しくない私でもV系バンドあるあるが盛り込まれたネタに笑ったのでどこかの劇場でやってほしいです。

 

どんなコンビか

御茶ノ水男子の2人は見た目だけでなく性格も正反対。

佐藤さんは曲がったことが大嫌いで目上の人とでも喧嘩をするような熱血派。相方のしいはしさん曰く少年漫画の主人公タイプで桜木花道のような人。

対してしいはしさんは「人見知り」と自分のことを分析しており、戦隊ヒーローのブルーや二号ライダーのようなサブリーダーをすることが好きなタイプ。

ですので亭主関白なコンビと思われがちなのですが、佐藤さんは背もたれのない椅子に座って真後ろに倒れるくらいド天然(どこの藤井流星だ)なのでしいはしさんに上手くフォローしてもらっていて、むしろ尻に敷かれています。(とはいえしいはしさんもド天然)

でも佐藤さんが前に出てこそ御茶ノ水男子は本領を発揮できるので、本当に良いバランスで成り立っているコンビなのだなと思います。

また、彼らが無限大ホールという劇場で人気が出始めたころ、そこにはピースや平成ノブシコブシチーモンチョーチュウLLR、ライスやパンサーなどAGEAGE黄金期と呼ばれた絶大なる人気を誇る先輩がひしめき合っていました。早くに人気が出た御茶ノ水男子は「出来る後輩」として先輩方に受け入れられていきます。それこそライブのエンディングでその場に残っていた小道具をさりげなく片づけるなど、ジャニーズで言うところの「出来ジュ」でした。しかしそんな彼らももう芸歴10年目。いまだに先輩のファンの方にとっては若い後輩のイメージが強いようですが、今ではたくさん後輩ができましたし、また後述するライブでも安定した集客力を維持し続けています。

 

御茶ノ水男子を見るには

ここからは御茶ノ水男子を見る方法について書いていきます。

①劇場に行く

御茶ノ水男子は劇場でのライブ活動がメインですので、劇場に行くのが手っ取り早いです。最近は渋谷や新宿に加え大宮や幕張など郊外でのライブも多いです。お値段は1000円-2500円くらい。CD買うのと同じくらいの値段だよ!

 

中でも定期的に開催される彼らの主力のライブは以下の通り。

御話

御茶ノ水男子2人だけのトークライブ。2人のことをじっくり知りたいならこれを見るべし。まず最初に新ネタを披露し、後半はトークをするという形式。劇場の都合で次回開催が決まっていないのだが、ライブの存続は決定しているようなので要チェック。

 

吉本ヒーロータイム

しいはしさんが参加しているライブ。ガチの特撮ファンである芸人さんがスーパー戦隊もしくは仮面ライダーに出演した俳優さんを招き、その作品についてトークする。これまで仮面ライダーオーズ役の渡辺秀さん、アオニンジャー役の松本岳さんやトッキュウ6号の長濱慎などそうそうたる俳優さんがゲストとして出演している。

特撮が本当に好きな芸人さんばかりなので特撮ファンからの満足度が高いイメージ。もし自分の好きな特撮作品の俳優さんが出るならぜひとも参加してみては。

次回は12月26日に幕張イオンモール劇場であるよ!豪華なゲストが出るって噂だよ!

 

アメコミリーグ

 佐藤さんが参加しているもの。バッファロー吾郎竹若さんが発足したライブ。毎回テーマを決めてアメコミについて語る。阿佐ヶ谷LOFTで開催。

 

吉本プラモデル部ライブ

佐藤さんが参加しているライブ。プラモデルが好きな芸人さんが集まってプラモデルトークをしたり実際に作品を作ったりしている(このライブ行ったことないので詳しくはわからないですすみません……)。プラモ好きなら足を運んでみては。

 

公演検索 | チケットよしもと

とりあえず近々のスケジュールを載せますので気になったものがあればぜひ行ってみてください。

 

②ストリーミング放送・動画

よしログ

gyao.yahoo.co.jp

よしもと芸人が日替わりでトークする生放送番組。誰が出るかはランダムなので公式Twitterで確認するのが手っ取り早いです。Twitterハッシュタグをつけるとコメントを読んでくれます。

YNN

ynn.jp

吉本の動画が集まっている公式サイト。単体で買えるものと月額500円で見放題のコースとに分かれています。御茶男の動画は正直あまりないけれど若手芸人のライブをネットで見たいならここ。

Flick!On!TV

www.flickontv.jp

つい最近できたアプリ。よしもとの若手芸人を起用して様々な企画を配信するらしい。

今のところiPhone版のみ(アンドロイド版は2017年リリース予定)。しかしライブでこのアプリの告知をしていたので、これから多く出演するようです。今後地方の人が御茶男を見る場はここになりそう。早速ダウンロードしてみましたがシステムがハイテクすぎてびっくりしました……。

 

ワーナーヒーローズ特集

ワーナーのアメコミ作品の公開時にやってるもの。ORICON STYLEさんのHP上で御茶ノ水男子がワーナーのヒーロー作品(特にバットマン)について様々な企画に取り組んでいます。オリコンさん、ぜひともジャスティス・リーグ公開時にもよろしくお願いいたします!その前のワンダーウーマンもぜひ!(二度目)

www.oricon.co.jp

 

www.oricon.co.jp

 

www.oricon.co.jp

 

www.youtube.com

 

おわりに

ここからは個人的な話です。私が御茶ノ水男子を好きになってから、結構な年月が経ちました。しかし地方に住む私はことごとく御茶ノ水男子の行うライブと日程が合わず、大本命であるはずの彼らにお金を落としたくても落とせない状況が続いています。多くのお笑いライブの規模が縮小するなか、御茶ノ水男子のライブが存続しているのは、ご本人の活躍と関東のファンの方がの応援があるからです。ありがとうございます。そんな私でもできることを考えた結果、今回インターネット上で応援記事を書くにいたりました。

御茶ノ水男子、本当に良いコンビなんですよ。正反対の2人がお互いの好きなオタクジャンルを取り込んでお笑い活動をしています。御茶ノ水男子を応援していて嫌な気持ちになったことがないのは、この絶妙なバランスの良さにあると思います。私にとって御茶ノ水男子は末永く見届けたいコンビです。

もしこれを読んで御茶ノ水男子に興味を持ってくださった方がいれば、ファンとしてこの上なく幸いです。

御茶ノ水男子は楽しいよ!

 

*1:吉本興業の養成所。ここで一年間修行を積んでからデビューする。

*2:特撮ヒーローの中の人

*3:ミュージシャンに対するサポートなどの業務を行う人々のこと

*4:V系のファン

なぜゼウスは土下座をさせたがるのか

最初にお断り:時間の都合でこの記事はゼウス第三弾放送前に書きました。なので放送を見たうえでの執筆ではありません。

 

さて、今日はいよいよゼウス第三弾の放送日です。

www.tbs.co.jp

 

しかしこのゼウスという番組、ジャニーズと芸人さんが多数出る割には回を重ねるごとにどうも評判が悪い。第三弾が発表された時点でも盛り上がりに欠けていました。

この番組に関しては、PRの仕方とか(ツイッターとか)いろいろ問題点はあるのですが、ジャニーズファンの方々が特に嫌悪感を示すのが、敗者が土下座をするという点です。この番組、過去二回ジャニーズが負けており、そのたびに土下座をしています。あまりにも不評なのでいよいよやめるかと思いきや、今度は土下座する人たちに電流を流すという。少なくともジャニヲタからは不評の嵐です。

 そこでお笑いとジャニーズの兼ヲタをしている私は考えました。

 そもそも、どうしてゼウスは土下座をさせたがるのか?と。今回は前半にお笑いヲタクとしての視点から土下座の背景に迫り、後半でジャニヲタとしての視点からなぜ土下座が受け入れられないのか分析してみようと思います。

 

 TBSの得意分野

 

 

土下座の理由を説明するために知っておいていただきたいのが、TBSが特番を作るときの得意分野です。

土下座の理由に思い当たったきっかけは、ゼウスの制作者が過去に手がけた番組でした。この番組の総監督を手掛けている乾雅人さんが携わった番組を見てみましょう。

twitter.com

SASUKE」「リアル脱出ゲームTV」。これらはTBSの得意とする大がかりなセットを用いた番組です。また、乾さん担当ではありませんが「究極の男は誰だ!?最強スポーツ男子頂上決戦」なども有名ですね。この番組やSASUKEはTBSの人気番組だった筋肉番付から派生したものなので、筋肉番付が現在の番組づくりにも活かされているということがわかります。(筋肉番付知らない世代いそうだな……)

 

番組のハード面について説明できたので次はソフト面であるコンテンツに移ります。

 

TBSがコンテンツとして得意なのは、「スポーツ」「お笑い」「ジャニーズ」です。(アニメも入れられそうだが本筋から逸れるしTBSよりもMBSの印象が強い関西人なので割愛)

スポーツが得意なのは筋肉番付やSASUKEなどから理解しやすいと思います。何よりTBS横浜ベイスターズを所有していました。現在でも炎の体育会TVやったりボクシング中継したりと、スポーツはTBSの強みとなっています。

お笑いはサンジャポを筆頭とした爆笑問題の複数の番組(正直ここの知識が浅いので例を出せない)や、キングオブコント(ライスおめでとう!)など多数の番組を作っていることから。近年ではめずらしく芸人さんのみで構成される番組が多く、お笑いヲタクとしてはありがたいと思っています。

ジャニーズに関しては私よりもファン歴長いオタクの人のほうがわかってらっしゃると思うけど特にジュリー班と言われていた人々とのつながりが強いです(ここに関しては他のオタクの人の記事ぐぐってくれ……)

 

TBSの得意分野は「スポーツ」「お笑い」「ジャニーズ」と巨大なセットを組んだ特大番組。これらの要素の中から巨大セットと「スポーツ」を組み合わせたのがSASUKEであり、巨大セットと「お笑い」「ジャニーズ」を組み合わせたものがゼウスなのです。

さらに付け加えると、10年ほどまえに乾さんは「DOORS」という、芸人版SASUKE(まさに巨大セット×「お笑い」)のような番組を手掛けていました。なのでゼウスはこの「DOORS」のリブート版としての背景も持っているのです。

 

他の大型番組とは違う「ゼウス」の決定的な欠点

 

ではここからが本題です。先に述べた通り、TBSは「SASUKE」や「リアル脱出ゲームTV」「究極の男は誰だ!?最強スポーツ男子頂上決戦」などの巨大セットを用いた大がかりな番組が得意です。しかし、これらの番組とゼウスには決定的な違いがあります。

それは、「ゼウスは他の番組と違いオチがない」ということです。

SASUKE」「究極の男は誰だ!?最強スポーツ男子頂上決戦」は個人競技ですので優勝者が決まれば番組としてきれいに終わることができます。「リアル脱出ゲームTV」は謎が解ければ終わりです(一番早く解けた方に車を贈呈していましたが)。しかし、ゼウスはいくら真剣勝負をしているとはいえ上に述べた二つの番組のような、ストイックさやアスリート要素がありません。あくまでもバラエティです。そのため芸人軍、ジャニーズ軍どちらかに軍配が上がっただけでは番組としてスッキリとしません。

そこで制作陣はバラエティ的要素で決着をつけようとします。それが罰ゲームであり、ゼウスでいえば土下座なのです。

 

土下座の問題点

 

しかしこの土下座にも問題があり、その背景に二つのことがあると思います。一つは、お笑い界における罰ゲームや土下座の価値観の変化です。例としてスーパーマラドーナという、関西の漫才師を挙げさせてください。彼らはドツキ漫才(要はたたいて突っ込みするやつ)で有名で、関西での人気もなかなかなものです。しかし彼らはすこし前、漫才文化のある関西でさえ、最近はドツキ漫才にひいてしまうお客さんが多いということを話していました。

私はここに、近年のお笑い風土の変化があると思います。これはあくまで推測ですが、いじめ問題や恐喝事件などがよく報道されるようになり、土下座や罰ゲームなどは以前よりお客様に受け入れられなくなっているのではないでしょうか。

 

二つ目はジャニーズファンのスタンスです。これはジャニヲタになってから発見したことですが、ジャニーズのファンはお笑いオタクのように推しているタレントが罰ゲームを受けてほしいとは思っていません。ただみんなが仲良くしているところが見たい。「土下座いらないから勝者がごちそう食べに行けばよい」というツイートを以前目にしたのですが、ここにジャニーズファンの思いが表れていると思います。

 

結局ゼウス制作者のどこがまずかったのか

私はゼウス制作者の最大のミスは、制作者と視聴者のニーズの違いをつかめなかったことにあったと思います。ゼウス制作者はバラエティ畑の方ばかりなので当然バラエティ的結果を追い求めます。そのバラエティ的結果も、現在のお笑い事情を反映していないものですが。しかしゼウスを見る人の大半はジャニーズファンです。視聴者はジャニーズの扱いを重視して番組を見ます。私はここに制作者と視聴者の間にニーズの齟齬があり、それゆえ土下座は大きく問題視されるようになった割には制作者はそれをやめないという構図が生まれているのではないかと思っています。

 

それではゼウスは今後どうなるのでしょうか?正直私はゼウスはまだしばらくやるだろうなと思っています。今回は触れられなかったのですが、実はTBSはいまSASUKEの海外進出が非常に好調なうえ、「究極の男は誰だ!?最強スポーツ男子頂上決戦」も年始にアスリートとの対決特番が控えています。ゼウスはこれに続きたいでしょう。そのためには土下座はなんとしても改善したほうが良いと思います。私はジャニーズを起用しつつ面白いスポーツ番組にするという点では、VS嵐を参考にすればうまくいくと思っているのですが、果たしてゼウスがそうなるかはわかりません。だってゼウスはフジテレビじゃなくてTBSですからね……。

 

とはいえ兼ヲタとしては自分の好きな芸人さんとジャニーズが共演してくれるまたとない機会ですのでゼウスが改善されてこれからも続いてくれることを願っております。がんばれTBS