読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広く浅くで大惨事

ミーハーな関西人がHey!Say!JUMPにハマってしまい、どっひゃーとなっているブログ。

バレーボールユニットと賞レース

お笑い ジャニーズ

昨日のブログでゼウスに井上さんが出てくれたら良いなということを書いていたのですが、本当に当たりました。

 

情報解禁ラッシュとゼウス - 広く浅くで大惨事

 

 

「ナルシスト」というキーワードが出た時点でもしやとは思ったのですが、発表されたときは大変驚きました。ジャニーズ軍VS芸人軍の対決であれば、当然芸人軍も盛りだくさんでなければ面白くないと思っていたので、井上さんの出演は本当に嬉しいです。ますます放送が楽しみになりました(そして井上さんお誕生日おめでとうございます!)。

近況報告としましては、ジャニーズについて呟くTwitterアカウントを作成しました。

 @katananaという、いろいろなことを呟くアカウントは何年も前から持っていたのでそちらで呟いても良かったのですが、芸人さんにフォローされている上*1、自由に呟ける場所が欲しかったので作ってしまいました。もし宜しければそちらで絡んでいただけると大変嬉しいです。

早速調子に乗っていろいろ呟いております。

 バレーボールユニットについてです。セクゾが「スペシャルナビゲーター」なので、「サポーター」として新しいユニットが出るということも考えられる話なのですが、「ある」と思い込んでいたものがなくなったときの衝撃の大きさを感じさせられる出来事でした。これってお笑いに例えるならばTHE MANZAIキングオブコントがなくなるようなものなんですかね。番組の減少に伴い、売れる唯一のきっかけ*2となったのがお笑いでいうところの賞レースであり、ジャニーズでいうところのバレーボールなのかなと思いました。

賞レース、特にTHE MANZAIキングオブコントの時期のお笑いクラスタはとても荒れます。なぜなら閉塞感漂うお笑い界の中で賞レースは一大イベントであり、そして人間の人生が大きく変わる出来事だからです。ですから納得がいかない結果のときは文句を言いまくることもあり、結構殺伐としています。それでも決勝の生中継が始まるとみんな画面に食らいつき、気になる芸人さんがいればフォロワーさんに教えてもらい、そして優勝者には祝福を送る。放送が終わると「今年も良いものを見た。これからも芸人さんを応援しよう」と思って眠りにつくのです。

私はつい最近ジャニーズにはまったばかりですからバレーボールユニットに関しては全くの無知ですが、おそらくジャニオタさんも賞レースのときみたいなドキドキと、ファンの方と盛り上がる一体感を求めているのではないかなと推測しました。

まだまだ続報が来る可能性も多いにあり、これ以上不確かな話を書くのは止めにしておきますが、せっかくジャニーズを好きになったのだから、願わくば私もその一体感を味わってみたいものだなと思います。

*1:全員がそうではないが芸人さんがファンのツイッターをフォローするのは普通のこと

*2:もちろん例外もあるが