読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広く浅くで大惨事

ミーハーな関西人がHey!Say!JUMPにハマってしまい、どっひゃーとなっているブログ。

麒麟ファンとリトルトーキョーライブ

お笑い

寝る間際に携帯で打ってるのですっごく簡潔な文になりますが忘れないうちに。
ついさっきまでお笑いオタ歴10年以上の、それこそbaseよしもと*1に通っていた世代の方々と喋っていたのですが、そこで何気なく昨日のリトルトーキョーライブの話をしたんです。
「どりやんが濱田さんに、麒麟の田村さんに似てますねって言ってましたよ」って。
そしたらみなさん食いつく食いつく。
正直私はbaseにがっつりはまる前に劇場が閉館してしまったので、麒麟さんの古参ファンさんの熱意にビビりました。
私も麒麟のDVDを見たり、次長課長の井上さんとネゴシックスさんと三人でやってたブログも読んだりしていたのですが、そんな比ではなかった。
まあこれはなんでかというと、現在どりやん(の中の人)と田村さんは共演機会が極端に減っているからだと思います。 ご本人たちはコンビでやりたいけど、大阪と違って東京はバラ売りが基本なので。
私の身勝手な憶測ですが!違ってたら本当にすみません!
ジャニーズのシンメは本人の意志に関係なく組まされるからのドラマがあると聞きましたが、お笑いのコンビは自分たちの意志で組むからこそのドラマがあると思っていて、芸人さんご本人も恋愛に例えるケースが多いです。どちらが良い悪いは判断できないですが、どちらも引き離された時の悲しさは同じかなあと。
リトルトーキョーライブに芸人さんが出ると空気感が壊れるというか、現実に引き戻される気がしてあまり好きではないのですが(もちろん芸人さんが悪いわけではない。そこはお笑いオタとして断言します)、田村さんが「スティックパンさん」とか「玄米やん」*2としてどりやんの隣に並ぶ日が来ても良いのではないかなあと思いました。
深夜テンションに任せてよくわからない文を書いてしまいました。お笑いオタから見たリトルトーキョーライブについてはこれからも何回か書きたいと思います。

*1:かつて難波にあった若手芸人の劇場。現よしもと漫才劇場

*2:顔の形状からよくそう言われてる